モアという身長が3〜4メートルもある巨大な鳥

モアという身長が3〜4メートルもある巨大な鳥が、かつてニュージーランドに生息していたのですが、現在は絶滅したということになっています。

なぜモアが絶滅してしまったのかと言いますと、空を飛ぶことができない動きの鈍い鳥であったということと、マオリ族の狩猟によって絶滅してしまったとされています。

そんなモアが絶滅したのは1700年代末〜1800年代中頃したということなのですが、モアが写っている写真が何点か現在にも残されているのだそうです。

ですが、写真が発明されたのは1800年代初期とされており、その当時にニュージーランドに写真という最新の技術がなかったと考えられることから、その当時の写真が現存するのは不思議だとされています。

一つ考えられるのは、実はモアなら絶滅したのはもっと最近なのか、もしかしたらまだ生息しているのではないかと考えている人もいるのだそうです。